2014/11/23

家の猫D  家の猫

家には前のビルの時から「猫屋敷」と呼んでいる棚のような物があり、前の猫「ウメ」から今は「小太郎」に引き継がれている。それは幅90p高さも90p奥行きが40pぐらいの木の本棚のようなもので、私が設計をして主人が板を買い作ったものだ。
上の方に棚があって、ノートや辞書など今では私の短歌用のものも多く入っている。下は二つに区切れて細い片側も物入れで広いほうに、毛布やタオルケットを入れて猫の寝床になっているのだ。その棚は今のフロアではリビングの横についた小六畳の畳の部分の壁に置いてあって部屋の真ん中には炬燵がある。

家の小太郎が来たばかりの時(二月だったから)その炬燵に逃げ込んで三日籠城したのだった。三日目に猫トイレに駈けこんで、それから水を飲んだら、後は慣れてしまったのはおかしかったが、ここが猫のお屋敷だよと棚の下を教えてもすぐに炬燵のなかにはいってしまった。怖がりなのだろうと小さな猫柄の布でカーテンをつくってやったら、それからは時々そこに入って寝るようになった。
夏になったら、やはり暑いのだろう床に転がったり、私達のベットに乗っかったりして寝るようになり、とうとうお屋敷にははいらなくなってしまった。それは家全体に慣れていくという事で、来てから一年もたつとすっかり主のような顔をして暮らすようになった。
今年の夏は私のベットの足元で夜を寝るようになり(本来の猫は夜行性のはずだが、近頃の室内飼い猫は大抵人間と同じになる)夜の11時になると「寝るんだねるんだ」と騒ぐようになった。だんだん秋になって布団をかけるようになったら、抱かれて寝るのが嫌いな猫で布団の上に乗って私達を押さえつけるようになった。五キロの猫だから重くて寝返りも打てなくなるので夜中に押しやるのだが、またすぐ乗ってくる。
困っていたらこの所の寒さのせいか、昼間は炬燵(火は入れてない)にはいっていたのが、時々思い出したようにお屋敷に入って寝るようになった。うまく行くと夜中そこで寝てくれるので、私達もらくらく寝られる。万歳と思っていたら毛布を掛けるようになって、また私たちの上に乗っかり、このところ朝にストーブをつけると早速その前で火に当たると言う猫らしい勝手者である。まったく猫の目のようにくるくる行動する、でも可愛い小太郎13歳なのだ。

この冬はいばった顔の猫になり僕の場所だとしゃべる小太郎  多香子
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ