2013/5/31

秀歌読みましょう(2)  秀歌読みましょう

岡本かの子を知っていますか。そんな失礼なと思うあなた以外は、せいぜい岡本太郎のお母さんと言う位ではないでしょうか。
私は小説家としてのかの子の作品が好きですが、その出発が和歌であり、新体詩から仏教研究と説教のための短歌であった事はあまり知られていないと思います。

写真で見る顔はちょっと引きますが、夫岡本一平が彼女を観音菩薩のようにあがめたのは一平の姉妹がすごい美人ぞろいで(その一人が池部良の母)美人に飽きていたのだろうと、池部氏のエッセイで読んだと思います。あるいは瀬戸内春美さんの「かの子繚乱」の中かもしれません。
そんなかの子の小説から

年々にわが悲しみは深くしていよよ華やぐいのちなりけり 
                    「老妓抄」より

これは小説の主人公である老妓の感慨であるとともに、作者の心底からの叫びのように聞こえてならない。私が若い時にこれを読んでただ圧倒されたけれど、だんだん年をとるにつれて身に添ってくる歌になった。今ただの人がこういう歌を詠めば具体性のない独りよがりの歌と評されるのかもしれないけれど、小説の筋立てとかの子の生活を背景にした場合、生きる悲しみと反する命の強さが(作者のもてあますような思いとともに)歌い上げられていると思う。
この歌はかの子の記念碑(岡本太郎作の「誇り」という白鳥が空をめざすようなモチーフが素敵)にも彫られているという。

写真が貼れないので、ぜひググって見てください。太陽の塔などの太郎の作品とは違った、いかに彼がかの子を愛していたかが思われる姿です。
4



2013/5/31  14:54

投稿者:多香子

紫陽花の表紙、お気に召しましたかしら。
今年はあっという間の梅雨入りですね。
歌の文語読み、口語読み、仮名遣いも、なかなかの難題で、古典好きの私は皆わかるものと思っていたのが勘違いだったという争いもありました。バイリンガルとはいいえて妙ですね。気楽にNHK短歌テキストをお楽しみください。

2013/5/31  13:29

投稿者:スワン

表紙が小鳥から紫陽花に変わり、一気にこの季節らしくなりましたね。nhk短歌の6月号を手に入れました。近所の本屋さんにはなかったので、ネットのアマゾンで取り寄せました。初めて読みます。 先ずは巻頭秀歌10首が写真入りで掲載されています。万葉集から現代まで、幅の広さに驚きです。また10首中、9首までが文語体。高野公彦さん72歳の選です。次は馬場あき子さん85歳の百人一首解説。ここらへんで、短歌とは文語体を知らずしては立ち入ることが出来ないのかなと不安になりました。小学生の頃、母に書いて貰うと、・・・・でせう。などとあり、いけないんだなんて言っておりましたが、短歌には、戦前の言葉使いが必要とされるのですね。今の時代、バイリンガルがもてはやされますが、我々は文語と口語のバイリンガルを目指しましょうか。短歌の世界は高齢者が大活躍ですね。三浦雄一郎さんの真似は到底出来ませんが、短歌なら多少の真似は出来るかもです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ