2014/11/28

秀歌(40)永田淳 三首  秀歌読みましょう

夏前に例の短歌出版の人と話していて「ここのところで永田淳さんは上手くなったね」「なんか坊やぼうやしていたのに」なんて二人で(私は面識もなにもなくて、歌を読んだだけなのに)褒めていたら、この間の「塔」の新体制の発表で来年から選者になると読んだ。永田淳さんはみんな知っているだろう、永田和宏さんと河野裕子さんの長男で40代に入ったところか、「塔」の歌人で妹も一家で「歌の家」の人である。短歌出版社「青磁社」代表でもあって、若い歌人の歌集を手掛けているようだ。

私が切り抜きをして、時々このブログにも紹介していた「毎日歌壇」の月替わり歌人の五首詠が連載終わりになって残念なのだが、その切抜き袋に淳さんの五首「月を見るものとして」が放り込んだままになっていた。読みづらい殴り書きの日付なのでどうも二年位前のようだ。その中の三首を。

大切な時間と思う二人して飲み明かしたるあの夜のことも

サンズイは好きな偏なり二画目と三画目とをつなげたりして

大鷲を望遠鏡に見ていたりガリレオの目に映らざりしを
(湖北野鳥センターにて)

この歌を読んだ時、永田さんがとても大人になった気がしたのだが、読み返してみるとやはり若いし(この頃若いと言うのがどういう物なのかちょっと解らなくなってきているのだが)今、心を惹かれるのは軽い文語体を現代仮名遣いで書いている事だ。それは私がこだわっている部分なので、永田さんがこだわっているかどうかは分からないが、歌がそれによって生きていると思うのだ。父君の永田和宏さんもはじめは新仮名で書いていたが年を経て旧仮名になったと言う。若い人でも旧仮名を使いたがる人がでてきているが、雰囲気が出ると言う理由なら私は是としない。

淳さんの歌について語らず横道にそれたようだが、仮名だけでなくカタカナ語の多用された歌も読んだ。現実の生活を基準にすればカタカナ語は身の回りにずらずらとある。これからの歌はそれらを雰囲気の為でなく実物として取り入れていくようになるだろう。そして「文語」というものは表記とは別に「短詩形」の限られた文字数のためにはかなり便利な省略形なのだ。私の感覚なのだろうかあまりに重い文語の歌は、肩がこるような気がする。今でも自分の体の中にかすかに残っているような軽い文語が(口語とまぜたりしても)好ましい。この先淳さんがどのような風を選んでいくのかとても楽しみである。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ