2015/3/31

交野の桜狩『伊勢物語』八十二段  古典(伊勢、源氏など)

『伊勢物語』から、春らしい歌の段を。この交野の桜狩りの話は次の83段の惟喬親王出家小野へ隠遁の悲運の前段階として、全巻の中では後ろの方に位置して、回顧談となっている。この段では惟喬親王と業平、紀有常主従が水無瀬という現在の大阪から山崎の方へ行ったところの離宮に狩をしに出かけ、交野の渚の院のさくらを愛でて狩もしないで酒宴になり歌に興じた楽しい思い出が描かれている。

そこで業平が詠んだ歌が

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

この歌は「古今集」にも業平作と出ていて、春になると多くの人が慌ただしい心情を嘆いて引く歌となっている。「ば、まし」によって係り結びの反語となるので、その説明に轢かれることも多い。
この歌に付けた「よみびと知らず」の歌は

ちればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべし

こちらも説明はいらない、当時の現世=憂き世を表した宴席の歌である。
さて、そこを引き払ってまた新たに貰ったお酒を飲む場所を求めていくと、日暮れに「天の河」という所に着いたので、親王に御酒をすすめる。親王の求めに応じて業平が

狩りくらしたなばたつめに宿からむ天の河原にわれは来にけり

(天の川と言う名の所に来たのだから、七夕姫に宿を借りましょう。一日狩りをして日が暮れてしまった)と詠むと、親王に代って紀有常が

ひととせにひとたび来ます君まてば宿かす人もあらじとぞ思ふ

(一年に一度の逢瀬を待っているのだから、たなばたつめは宿を貸したりしないでしょう)と返した。

この主従の麗しく楽しい宴の事は、それほど年を経ていない「土佐日記」にも引かれ、あの「枕草子」にも「川は」たなばたつめに宿からむと業平が詠んだのが「をかし」とでてくるそうだ。私はどちらも読んだはずなのに記憶がないのは健忘が進んでいるのだろう。でも交野というと「伊勢」の中のあの場面あの歌ということは、すぐに浮かんで来るのが「おかしい」。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ