2015/4/25

惟喬親王出家「伊勢」八十三段  古典(伊勢、源氏など)

前に「交野の桜」として書いた、業平の一族が希望を持って仕えていた惟喬親王は、文徳天皇の第一皇子で母君は紀氏の人であった。紀氏では久々に即位の望める皇子が生まれたと喜んで、大事にまた親しくお仕えしていた。皇子は業平より20歳年下で、見識もありすぐれた人物と書かれているが、「伊勢」では業平がいつまでも若々しいのでもっと年が近いような気がしてしまう。
紀有常も共に主従仲良く、歌に酒に興じていたのだが、天皇の第二子は母が藤原氏の姫であった。当時もう藤原氏の勢力は非常に強く、業平も罪を得る前に東下りをした程だったから、惟喬親王も自分が天皇の地位を望んでいないことを自ら示さなければ、命も危ういこともあったのだろう。

親王は27歳で突然出家なさって、小野の里(山城の国、今の大阪府)に隠棲なさってしまう。業平たちはがっかりもしたが、どうすることもできずに宮廷にいた。この頃の出家と言うのは本当に世を捨てるので、宮廷中心の都の官位も捨ててしまっては一族の力が落ちてしまうのだろう。親王はさすがに朝廷から封(食い扶持のような物)を与えられて侘しく暮らしていく。
明けた正月に業平は雪深い小野の里に親王をお尋ねし、色々と語り合ってお慰めをするのだが、宮廷の勤めもあって泣く泣く帰って来た。その時の歌

わすれては夢かとぞ思ふおもひきや雪踏み分けて君を見むとは

「わすれては」はこの現実が本当だと忘れてという事だと池田亀鑑先生の解説にある。「おもいきや」は思っても見なかったとなって、業平の心情の哀れさ親王への愛情のこもった歌となっている。この場面は前段からの場面転換の急なこと、主従の思いなどで読む者の心に残る一段であった。「あった」と過去形なのは現在ではあまり「伊勢」が読まれなくなり、殊に惟喬親王の話など忘れられていると思うから。次に引く歌は短歌ではなくて、与謝野鉄幹が「人を恋ふる歌」として書いた歌の六番で

人やわらはん業平が 小野の山ざと雪を分け
夢かと泣きて齒がみせし 昔を慕ふむら心

(むら心はよく分からないが「むらぎもの」がこころにかかる枕詞であるところから単に心の事らしい)
というのがあり、「伊勢」のお歌をそのまま引いている。その頃はかなり有名な話であったと言う証かとおもうが、今は鉄幹の事も晶子の亭主ぐらいにしか知られていないようだ。

次回の更新は日にち合わせで5月1日になります。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ