2015/5/31

家の猫F  家の猫

猫は敵がいなくて気持ちの良い時にはお腹をみせて足を開き、時には手まで広げて大の字に寝る猫もいる。そうなってびくともしないで寝ている猫を「猫の開き」と言う。前に飼っていた猫の中によく開く猫が何匹もいたが、今の小太郎は寝ている時も開かない。抱き上げて膝の上に乗せると足は開くが、いかにもやらされているような形だ。たぶん骨格に違いがあって、体の硬い猫は開かないのではないかと思う。以前の猫の親が野良の野生むき出しの場合でも、子猫はわが家に居ついてタオルの上などで棒のように仰向けに寝ていたやつもいた。

小太郎は12歳でわが家に来たし、元の飼い主に裏切られてから二年間も大勢の猫と一緒に保護施設に居たので、用心深くなっているのかもしれない。その施設を個人でやっている知人も、小太郎は自分の境遇に不満で、嫌々ここにいるのだといっていた。
「開き」には成れないが、第二のわが家を見つけた小太郎は自分で寝場所を変えることを覚えて「お屋敷」では寝なくなり、私達の部屋の押し入れや一時陽のあたる椅子の上、朝のガラス戸のそばなどと勝手な所に寝るようになった。今のビルの事務所は住居スペースの端に狭い一室が当てられ住宅とは扉一枚で繋がっている。母の介護や家事のためにその扉はいつもあけてあって、猫も出入り自由になっているから、小太郎はパパについて行ったり一人で社長の椅子に寝たりしていた。

夜は母が徘徊して危ないのでその扉は閉めるようにしている。ある日もう寝ようと思って「小太郎は?」と探したけれど見つからなくて、あれっとおもって事務所の方にいったらかすかな声で鳴いているので扉を開けてやると急いで御飯のお皿の所に飛んで行った。いつもは大きな声でお返事もするし、怒って啼いたりするのに、閉めこまれた心細さか哀れな声だったのでみんなで笑ったものだ。それでも懲りずに事務所の椅子で寝るので、猫駅長の「たま」に張り合って社長の椅子に寝ている時は「猫社長さん」と呼んでいる。

梅雨晴れのゆるき幸せのびのびと猫の開きがまた出来上がる                      多香子

次回は日にち合わせで六月六日の予定です。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ