2015/7/31

毎日歌壇 ラリックの硝子  毎日歌壇他

暑い暑いと言い続けた七月後半を終えて、やっと八月に入ることが出来ました。母も誕生日をむかえ91歳になりました。近年の長寿化で91はまだまだなんぞと言って下さる方もありますが、誰も分らなくなっている母をみていると、人間長生きだけが良いわけではないと思ってしまいます。それでも「夏のあついお葬式だけは嫌だ」と家族で言い合って、何とか無事にくらしているのだから、この夏もきっと乗り越えられると思います。

7月27日付の「毎日歌壇」で米川千嘉子選で入選しました。それもまた【特選】でびっくりしました。先月の伊藤一彦選の時から一か月、米川さんにはとって頂けないなあ、と思っていましたので、はじめての入選が【特選】というのはびっくり箱のような物です。歌は

ラリックのうす青色の香水瓶 ひと息ひと息夏の日は過ぐ  河野多香子

(評)ルネ・ラリックの香水瓶を見つつ、香りを日々まとった女性たちの憧れや倦怠や官能を思う。作者自身の日々をも。

私自身は香水をつかわないのですが、ガラス細工を見るのは好きで好きな物の歌を採って貰えてとても嬉しいです。米川さまありがとうございました。

ルネ・ラリックはフランスのアールデコ(20世紀初頭)美術のガラス工房で美しいガラス器をつくった作家。香水瓶はコティから香水を詰めて売り出されたと言う。ガレよりも透明、半透明の乳白色や水色の色合いが美しいと思います。今は箱根に美術館があるみたいですが、私が初めて見たのは庭園美術館の旧浅香宮邸のガラス。そして諏訪湖畔の北沢美術館を訪れた時も、たまたま特別展をやっていて魅せられたものでした。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ