2015/9/26

「NHK短歌」10月号  NHK短歌

あっという間に九月も末になって来ました。涼しくなったら母は少し活発になり、私達のハラハラする生活も戻ってきました。私は無所属なので結社への月詠がない代わりという訳ではないけれど、NHK短歌には毎月「胸キュン」も含めて四首は送ると決めています。
題詠好きの私ですが、どうにも苦手なお題もあれば、歌風の違う選者のかたもいらっしゃると思います。でも割と決めたら守る性格なので、投稿日も大体決めておいて、ともかく投稿します。

「テキスト」10月号で染野太朗さんに佳作に採って頂きました。お題は「つかむ」

木洩れ日をつかまえようと手を伸ばすおさなの指から夏の鳥飛ぶ

「つかむ」というお題に何をつかもうかと苦労したことを思い出します。掴めない木洩れ日に子供が手を伸ばすイメージが来て出来ました。染野さまありがとうございます。

染野太朗さんは「まひる野」のホープで、「短歌研究社」の社長がとても注目する歌人と言っていたと不識さんが言っていました。(伝聞)

私達仲間の雅夢士さんが、九月一週の放送で、二回目の入選を果たしたのですが、この10月号にも二首佳作に採られていました。その嬉しさとこの夏の疲れでしょうか、急に入院したりして皆で心配しました。軽い脳梗塞だったようで、大事にはいたらなかったのは幸いでした。この頃の病院はベット上でのスマホもOKと聞いて、びっくりしました。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ