2016/5/27

家の猫(10)  家の猫

猫歌の歌集を作って、振り返ったら「家の猫」小太郎の話はしばらく書いていない事に気が付いた。「猫と暮らせば」では前の猫「ウメちゃん」が死んだところまでで、小太郎は出てこない。小太郎が来たいきさつはジャンルの「家の猫」の項を呼んでいただけば分るのだけど、彼ももう15歳になり、老猫らしくすっかり痩せてしまった。
近頃都会では、犬猫は室内飼いをして手術をし、殺処分ゼロをめざしているから猫も良いだけ太って八キロ級の猫もざらになった。小太郎は保護施設で六キロを切るくらいまで減らしていたが、家に来たときは五キロ半で抱くと重くて手が疲れるようだった。それから三年で特にダイエットもしないのに、だんだんスリムになって今では三キロ半で、背中の骨がごつごつと手にあたるようだ。

私は、猫はせめてお医者にかけず、自然に暮らしてほしいと思っていたのだが、老猫はことに麻酔や薬で弱ることがあるので何もしないでいようと思っていた。ところが小太郎は15歳で牙が四本とも抜けていないのだ。前のウメちゃんも、ずっと前のミキちゃんも長生きしたが牙は全部抜けて物を食べていた。小太郎は抜けない代わりに歯が痛むらしくて、ときどき口をペロペロしては「チャッチャ」と音を立てていた。ある日あんまり痛かったのか、めったに吹くことのない猫が、自分の手で口を撫でて「ファッファー」と吹いていた。

丁度、保護施設をやっている知人の所(小太郎のいたところ)に用があって、電話のついでにその話をしたらほどなく彼女が獣医さんの薬を持ってきてくれた。小太郎は(忘れていたのか)彼女の顔を見て大急ぎで逃げて行ったが、とっつかまえて薬を飲ませたら、大層効いたみたいでまたカリカリが食べられるようになった。今の薬は動物用に細い筒状の注射器が付いているのは助かった。
小太郎の顔を見て知人は「目がきれいだから大丈夫」と言って帰ったが、私もそう思っていた。昔から「まいった狸は目で分かる」と言うのだから。

捨てられた傷を抱えて小太郎はわが家に来たり、いま王子様  多香子
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ