2016/8/26

「NHK短歌」「青」入選  NHK短歌

夏の葬儀は暑さで物が持たないからと思ったが、現代の冷房やビルになっている斉場のおかげで、母の葬儀は「花祭壇」という近頃主流のお花で飾られたものにすることが出来ました。それも白一色ではなく、夏を涼しく演出するために紫やブルー、ピンクの少しパステル風な色合いの花で飾って貰ったのです。花はやはりトルコキキョウでした。近年トルコキキョウは色数も増えて、パステルカラーの八重咲きが豪華でいて可憐な風合いを出しています。多分園芸技術が進んで、夏に長持ちする様にも作られているのでしょう。白の花はカーネーションでした。
千代田区は葬祭場を一つだけ作って、狭いけれどすべてビルの中で行えるようになっているので、夏冬はそれも助かります。こんなことを書いているのも、なんだか疲れが後から後から襲ってきて、マダすべきことが山とあるのに、気力がわかないからかもしれません。皆様にはお目汚しになって申し訳ありません。

「N短」8月21日の伊藤一彦選「青」に3席入選して、放送されました。
まだ7月の母が入院中に入選の電話をいただいたので、実感もわかずドタバタとしていました。葬儀が終わって少ししての放送でしたが、投稿したのはたしか7月のはじめでした。夏だから「海」の歌に(それも寝かせてあった歌を詠みなおした記憶があります)したのが大当たりだったかなとも思います。伊藤様ありがとうございます。歌は

ブラインド上げれば海は目の前に青き体を開きゆく夏   河野多香子

いま体も重く、現実には様々な問題もあるのですが、この歌を採って頂いたことで、自分で読んでみても胸が広がるような景色で詠んでおいてよかったと思いました。放送で伊藤さんが「海が好きなのでしょう。」とおっしゃって下さいましたが、その好きな海に15年も会わずに暮らしてきたのだなあ、と思い返しています。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ