2013/6/30

東京タワーは  短歌

あの東日本大震災の時、東京タワーの尖端部分が曲がったことを知っていますか?ニュースにも出たのですが、他の悲惨な映像に比べると人々の記憶には残らなかったでしょう。私はいつものお出かけで半年後位に芝公園に行って写真をとって置きました。下から見上げても確かに曲がっていたので、写真の尖端部分を拡大してみるとはっきり曲がっていました。

東京は千葉に比べて大した被害ではなかったように思われて、当時東京の奴らは買いだめをしてなどと非難されたものでしたがスカイツリーの一見ぽきりと折れそうな様子に比べて、四方に足を広げた東京タワーの安定性でも、あの上の方が曲がったということは、すごい地震だったのだなと思います。
確か去年から修理工事を始めて、まるでレゴで作ったような四角い覆いを上の方に付けていましたが、このあいだ芝公園に行った時にはもう覆いも取れて、修復がすんだようでした。工事が終わって丁度東京タワーからスカイツリーに電波塔の役目が移ったというのも、皮肉なような淋しいような気がします。

東京タワーが出来上がった昭和33年ごろ私が何をしていたかは、記憶に波があってクラス会などで同じ年の友人たちと話しあっても、それぞれが違う思い出を持っていてその曖昧さにあきれることがあります。でもとにかく青春時代で、女学校にはいったら銀座で遊ぶ(ショッピングとか甘いものとか他愛ないものだが)と言う楽しい日々でした。我が家は初物食いをしない家で殊に私は並んで待つというのが大の苦手だったので、東京タワーに初めて上ったのも五年後ぐらいだったと思います。
このごろスカイツリーに比べてやはり美しいと訪れる人が増えていると聞くのですがが、その中に私も含まれています。芝公園の東京都部分の整備で御成門の周りがなかなか面白い緑の場所になってきているのです。映画化された「三丁目の夕陽」(わたしは原作漫画の方がずっといいと思いますが)などで「昭和」をレトロと言う人々が増えてきているけれど、私にしたらついさっき通り過ぎてきたところじゃないかと不満に思う気持ちがあります。「役目を終えた」東京タワーというニュースの言い方が団塊の世代に「役目を終えたんだよ」と言っているようで気に入らないのです。(そうかも知れないけれど)

懐かしさは君等の知らないとこにある昭和三十年はほんのすぐ前  多香子
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ