2016/9/30

秀歌(65)米川千嘉子 27年「角川短歌」31首より  秀歌読みましょう

米川千嘉子さんは「かりん」の歌人で千葉県出身の50代後半。早くから「角川短歌賞」「現代歌人協会賞」「迢空賞」など数々の賞に輝いている。坂井修一夫人とは何回か書いて来たけれど、「毎日歌壇」で何度も採って頂いているのに、ご本人のお歌をとりあげたことがなかったので「角川短歌」七月号の巻頭31首からの紹介をすることにした。
ところが、これは去年(27年度)の物で今年の七月号にも巻頭31首を出されている。今回去年の方を取り上げたのは、私の個人的な好みである。私の独断なのかもしれないが、女性歌人の中にとても一つの個として理解しずらい方が(男性歌人より)多いような気がする。米川さんもそのお一人で、この人の歌はこうだととても言い切れない変化球のようなところがある。私の力ではまだまだ読みきれない不思議な幅を持った歌人とでも言おうか。六首をあげる。

「夕波納戸」

薔薇ひとつ何もの満ちてひらかむとみつむるときの孤独よろこぶ

けふ青葉父の命日歯を抜いてうすい血の味のする木曜日

投稿にうつくしき夏の雨詠みし青年「無職」となる職業欄

千人針手伝ひつついのち絶ゆるばかり恋ふとうたへり岡本かの子

甲虫のまっ黒な羽根画用紙を切りて飛ばむと子どもゐた夜

人間がはぐくみ来たる飛ぶ夢の果にあやしきオスプレイのかたち

題の「夕波納戸」というのは、与謝野晶子が命名した(高島屋の)流行色らしく、その事の詞書の付いた歌もある。私は「かの子」の歌の方を取ったが、六首目に通ずる戦争への反発の気分が読める。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ