2016/12/30

今年の述懐  

とうとう今年も終わりになります。この文を載せて一週間の間に年は変り、新年になっているでしょう。
例年の通り一年の述懐を書いてみますが、今年は本当に大変な年でした。年の前半は、思っても見なかったN短の入選が続いたこと、それも「一席」まで頂けたこと。新聞歌壇で小池さんに採って頂いたこと、介護の大変さを労ってくれるのかという嬉しい出来事でした。その振幅なのか八月の母の死、その後の色々な後始末、でもどこかでほっと気の抜ける時間の出来たこと。人間には「いいこと一つ、悪いこと一つ」の繰り返しだと思ってきましたが、今年はそれの「疾風怒濤偏」だったような気がします。
習作歌集「猫と暮らせば」を作ったことも(忘れてしまったのだけど)多くの方に読んでいただき、嬉しい交流が増えたことは忘れられません。

長い一年か短い一年かもよく分からずに年末を迎えました。せっかく時間が出来たのだからと、「毎日文化センター」の坂井・米川両先生の「短歌講座」に申し込み、この27日に中途参加の初回がありました。このことはまたの週に書かせて頂きますが、米川さんの回で、半分以上歌会形式(投票なし、先生の講評あり)だったので、ネット歌会とはさほど違いはないという感じもしました。久し振りにリアル会合だったので、すごく疲れましたけど。
師匠の中静氏も、母を看取ったことを奇特として、かわいがってくださるので今私は来年が怖いくらい良い日々です。

「12月の歌」でも書きました、「うたの日」1000日記念の電子書籍は「パブー」で「うたの日々」と言う名前でご覧に成れます⇒こちらhttp://p.booklog.jp/book/109854ツイッターをやらずに「うたの日」に参加してきたものとして、まるでお礼の言葉も書きませんでしたが、ネット短歌の「場」として凄い物になったなと言う思いと、これからも続いてほしいと言う願いをここに書きとめておきます。

新年は喪中に付きお祝いの言葉は申し上げませんが、今年中のご厚情を(本心から)感謝し、新しい年の皆様のご多幸をお祈りいたします。このブログは金曜更新を原則に(自分に縛りをかけて)しておりますので、新年は六日になります。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ