2017/9/29

仙台の萩  短歌

九月の連休初日従妹の息子の結婚式のため、仙台トンボ返りをして来た。むかし高校の旅行で仙台駅に着いたとたんにバスで松島に運ばれたので、仙台は初めてと言ってよかった。でも駅近のホテルでの結婚式に間に合うように新幹線に乗り、それがメインイベントだったので旅行という感じはしなかった。15年ぶりくらいの新幹線も、何だか狭いなあ、景色が見えないなあと思いながら仙台までは「はやぶさ」で二時間もかからないのだ。

仙台は「杜の都」というので、もっと緑の多い都市かと思っていたけれど、広瀬川の方まで行かないと緑は感じられなかった。従妹の家はそっちの方なのだが今回は「結婚式」の後「仙台文学館」に寄る予定を立てていた。館長が小池光氏なので、別に小池氏に会える訳ではないのだけれど読売新聞の選者として、何度か選歌いただき、歌壇一の「猫好き」だから「ゆかりの地」に行ってみたかったのだ。

「文学館」は緑多い土地の中にあるように書かれていたけれど、タクシーでかなり郊外まで走っても、住宅の建てこんだ感じは否めなかった。思ったより坂道の上に建物が有ったので、入り口までタクシーが登ってくれたのは坂の苦手な私はありがたかった。入り口近くの坂の片側に赤紫の花が見えたので「あれ、もしかして萩の花」というと運転手さんが「そう宮城野萩だよ」と答えた。たぶん咲いているだろうと思っていたので嬉しかった。館内にはいると掲示板に小池さんの歌が書いてあった。

「バルサの木ゆふべに抱きて帰らむに見知らぬ色の空におびゆる   小池光」

展示の第一は「井上ひさし」(初代館長)なのだけど、詩歌関係は島崎藤村、土井晩翠、そして俵万智が少しなのは仙台を出てすっかり九州の人になったからだろうか。藤村が東北学院勤務中に「若菜集」を出したこと、土井晩翠が仙台生まれで「荒城の月」を書いたことは何故か記憶の彼方で、「あれ」という気持ちがしたのは年のせい。仙台市民に怒られそう。

バスの時間があるので早々に見学を終え(結婚式でお腹いっぱい食べたので)コーヒーも飲まずに外に出た。坂を下りながら萩の写真をとったが「宮城野萩」というのは花が小さく、濃い赤紫で家の方の萩とは違うなあと思った。政宗ゆかりの白萩は植わって居ないようだった。(調べたら、白萩は市立博物館のほうだった。場所が離れているので一度には行かれなかった)

バルサ材、精霊の名も知らざりき 文学館の宮城野萩よ   多香子
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ