2013/7/22

NHK短歌八月号  NHK短歌

母の体力が落ちたと言っていたら、土曜日にちょっと外出した時、自分も大層疲れてだるくなっていることが分かって愕然としました。段々無理がきかない年になるのは分かっていても、無理をしなければならない時もあるのです。
その時「NHK短歌」八月号を買って、佳作一首掲載されたのを知りました。そうそう毎号とられるとは思っていなかったのでびっくり。自信がある歌より思わぬものが採られることが多いと人の話にもありましたが、今回はまさにそれです。
小島ゆかり選 お題「数字」

数学がだいきらいだったという母の今は時計も読めなくなりぬ

母の介護が始まったころは母は病気で、それから私の病気、病気の歌も介護の歌も歌いたくなくて、ただ美しい花や懐かしい風景を詠っていました。もう十年近くたって、母も認知症が進み、そうしたら私が少しずつ母を詠えるようになってきたのです。どうしてだかは分かりませんが。
この歌は読みかえしてみると変な歌で、数学嫌いが数の認知が出来なくなるという理屈はないのに、文科系の私はさっさとこういう歌を作ってしまうのです。小島さんも数学嫌いだったとか、佳作にとっていただいたのも、この度の入院騒ぎの母と私へのご褒美だと受け取りましょう。
テキストの表紙も「天上の青」の朝顔のようで、なんだか嬉しくなりました。東京はこの所涼しいので、この夏は意外に過ごしやすいのかなんて安易な気持ちになってしまいそうです。
8



2013/7/23  12:05

投稿者:多香子

スワンさま、ありがとうございます。
私の癖でまた悪いことが起こるのじゃと思ったりしますが、多分これで何か月か採用されないという事だろうと思っています。
お歌を有難うございます。房州の変わりようは本当にすごいとおもいます。きっと日本全国の人が自分の知っている土地の変貌を嘆いているのでしょう。

2013/7/23  9:27

投稿者:スワン

この度は連続のnhk短歌掲載おめでとうございます。人生苦労ばっかりとひがんでおりましたが、報われることもあると私迄嬉しく、喜んでおります。 
暑さのせいか、先週88歳になる叔母の訃報が入りました。妹と何年振りかで告別式に参列のために、亡父の里を訪れました。いつもならそれだけで終わるのですが、多香子様のご指導で短歌にまとめてみました。

       父のふるさと
   
    千葉茂原叔母の葬儀で訪ねれば都会になりて山川も見えず

    幼き日藁ぶき屋根の家があり小川裏山不思議に満ちて

    裏山を祖父に連れられ登り行けば椎茸栽培ほだ木が並ぶ

    くつわ虫殿様バッタにかぶとむし虫取り名人父を見直す

    いとこ達年に洗われ鎧脱ぎ幼き頃を本音で語る

                       スワン

2013/7/23  5:43

投稿者:多香子

林鈴さま、分って頂ける方に出会えて本当にうれしいです。
私も父は植物状態を七年、主人の母は目が見えずになっての認知症など随分昔のことになり、今どっぷりと母と暮らしています。私の場合主人が理解する人なのが救いです。お婿さんで何でもしてくれるのに、母の方が主人の事を知らないと言ったりします。
介護生活は短い時間の切れ端が出るだけで、纏まった時間はとれないので短歌には向いているように思うのです。なにかが浮かんだ時、その辺の紙にでも書いておけばまた作り直せるのですから。ネットもちょっとやってやめられますしね。
なまじ年を取っているので、勝手な事を書いたり言ったりしますが、お許しいただいてこれからもよろしくお願いします。

2013/7/22  22:39

投稿者:林  玲

多香子さん、ご本に載るなんてすごいですね!それも続けて。
素敵なニュースと素敵なお歌に感謝します。

お母様の介護をされながらの日々の想いは、なかなか歌にできるものではないかもしれませんね。
私も主人の母の認知とお付き合いしています。義母の変化は誰も気づかぬうちから見守ってきました。主人に分かってもらうのが一番大変なことであり、時でもありました。その義母の変化を残したくて歌ノートに書きました。でも発表は自分のブログにも載せる気持ちになれないでいます。
そうこうするうちに、実の母が不安な状態になっているような気がしています。そして知りました。血を分けた者の認知を認めることの辛さがどれほどかということを。まだわかりませんが・・・

多香子さんの、お母さまに寄り添うお気持ちをこれからもお読みしていけたらと思わずにいられませんでした。
文化系とかにかかわらず、理屈抜きに心にスッと当てはまるお歌だと思いました。
私事を長々と申し訳ありません。お見苦しければ削除して頂いてかまいません。ありがとうございました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ