2018/6/29

秀歌(77)蒔田さくら子「角川短歌」四月号より  秀歌読みましょう

この頃の私は、若い人(大体私の言う若い人はアラフォーである)の歌に魅かれることが多いのだけど、角川五月号の馬場あき子さんや、この四月号の蒔田さくら子さんの歌を読むと、やはりあーとうなってしまう。殊に蒔田さんは途中さすがに年の陰がさしたかなと言う感じから、それを自然に自分の中に納めつつ、歌として紡ぎ出している所がすごいなあと感心するのだ。
蒔田さんは東京生まれの89歳短歌人の重鎮でもう前に編集委員は引かれたが、略歴をみると私の生まれた年に短歌を初めて居られたのだと感嘆する。

「雨もよひ」

しあはせといひつつ虹を見し日ありきふたたび虹を見ることありや

和田倉濠と馬場先濠を分くる道ゆりかもめ来てゆうらりと飛ぶ

残り雪凍るとこころしてあゆみビル入り口の段差にころぶ

この国はもうなりたってゆきませんなどいふ日のあるかあらぬか

頼られてゐるはすなはち私も頼りゐるなり二人暮らせば

夫を見舞ひて帰るさのみち池袋北口きらきらホテル街なり

布巾かたく絞りて独りの厨ごと終へたりぱんと布巾をたたく

巻頭28首から七首を並べたがご主人が入院なさったらしく、お見舞いに行き来する道すがらなどを詠んでもまだまだ明るい。七首目の布巾を絞ってぱんと叩く処、江戸っ子のきりりとした風情がある。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ