2018/7/27

ハッカドロップスと「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

ドロップと言うとあの缶入りの「サクマドロップス」を思うのは私が年寄りだからでは無く、今の人も知っているロングセラー商品なのだろう。(だろう)と思って検索してみたら「佐久間製菓のサクマ式ドロップス」と「さくま製菓のサクマドロップス」の二種類があるらしいのです。そのいきさつは検索して読んでみて下さい。

私は割と小さい時から「ハッカ」の味がすきで、他の味のドロップはそんなに好きではなかったのです。この前「うたの日」に「ドロップ」「ハッカ」のお題が出た時、「ハッカ」や「白いドロップ」がきらい、出てくるとはずれ、残るものみたいな歌が多くてびっくりしました。それから何か月かして、同じような題の時は、反動のように大人っぽい味として「好き」と言う人が多かったので本当のところはどうなんだろうと思いました。
でもこの前業務スーパーに、すごい大袋にハッカドロップスばかりはいって200円ぐらいの特価品があったので、好まれていないからなのかなと思ったのです。私はその袋を勿論買って、数ヶ月で食べ尽くしました。

7月10付「読売歌壇」俵万智選で一首掲載されました。読売は競争率が高いのか(本当はのところは知らないです)中々とって貰えないのですが、俵さんには四月以来なので、割と直だった気がします。

ハマナスが咲いたときみが誘うから明日の私を忘れてうなずく   河野多香子

歌友から「乙女、おとめ」と言われましたが、私も大したカマトトな歌だと思います。そう言う乙女チックな心も掬い取って貰えたのは嬉しい事です。俵さまありがとうございました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ