2013/7/31

述懐 三か月たって  

私があたふたとブログを立ち上げてから約三か月、反省も込めて感慨を書いてみようと思いました。
もともと人様の掲示板にプチ歌論などを書かせてもらっていたのですが、色々と諍いもあってとりあえず自分のブログをつくって置けば居場所にもなるし、お友達のスワンさんと自分の周りの人だけで細々とやっていければいいと始めた事でした。えっ私にブログなんて作れるの?という思いも、弟に協力してもらってティーカップの指示どうりに色々のことを決めて出来上がりあっという間にブログが出来てしまったのです。

ネット上の有名歌人(?)はこの頃ブログは歌の倉庫で、連絡話はツィッターという状態だけど私の様に機械音痴の年寄りで、細切れの時間しかない人たちにはツィッターは無理じゃないかと、はなから手を出しません。文章に歌を付す形式は私の大好きな「伊勢物語」が「歌物語」だからということもあります。「伊勢」ではかなりの物語の間に歌が台詞の様に配置されていたり、序詞のような短い説明に歌がついていたりして、本当に美しいのです。私は源氏を原文も人の訳も読んだけれど、その中の歌はちっとも覚えられないのに、「伊勢」の歌は随分覚えています。勿論上代の歌人、業平に及ぶべくもないけれど自分の文章の勉強にと書いていたら、段々文の方が多くなって歌が付けたしのようなことも起きてきました。「伊勢」とともに参考にしているのが短歌人の長谷川知哲さんの「切磋短歌ブログ」で、ご本人には断りなくいつも読ませていただいています。男性だからとはいいきれない、歯切れの良さずばずばと切り込んでいく歌評の面白さには、アメリカ帰りとか奥様を無くされたとか人生の襞がやさしさを醸していて鋭いだけではない素敵さがあるのです。男の方は黙ってしばらく読んでみてほしいブログだと思います。
そんな訳で、ついつい文章の長いものを書いて、面白いと言ってくれる人もいるけれど、もう飽きたという人もいるかもしれないのです。まあほどほどの長さにまとめるのも、文章の勉強かも知れないから気を付けるようにしましょう。

ブログを初めてじきにネット歌会をひとつふやしました。「そののち歌会」でこれがとても楽しいのです。月の前半の会に参加してあとで自分の歌と感想をブログに乗せることにしました。人の歌はオープンな歌会では未発表作品とはならないものの、また作り直してどこかへつかうこともあるので簡単には書いたりできないものです。
NHK短歌の投稿と前からの歌会(これはクローズ)新しい歌会と結構大変なのに、三日に一度の更新なんて決めたのであっぷあっぷしてしまうに決まっているのですが、自分が思っていたより多くの人が読んで下さりほかの掲示板でも交流が出来たのが励みになっています。
今年は母の入院でペースも狂いそうだったから、これから四日に一度になるかもしれないけれど、みなさん読んでやってください。そして短いコメントでも質問でも書いてください。これからもよろしくおねがいします。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ