2018/9/14

「藤むら」はなくなってしまった  短歌

私は甘いもの好きだけど、羊羹よりは最中の方が好きで、でも日持ちのしない最中よりお使いものには羊羹の方が良いと思っている。知り合いの羊羹好きに言わせると日本一は「藤むら」の羊羹だそうで、店は本郷東大横の角から一軒隣なのだけど、ちょっと店前が引っ込んで目立たない作りの木造家屋だった。
お値段が高いというのは聴いていたけど、一度友人が止める間もなくお店に入ってしまって、すぐ飛び出してきたことがあった。ちいさな半切りが2000円ぐらいだった。お家にお土産にするには角の「三原堂」の方が庶民的な品ぞろえで、友人は納得の買い物をした。

「藤むら」は加賀の前田家お出入の菓子匠で、江戸時代に前田家が今の東大のところに上屋敷を造営した傍へ金沢から呼び寄せられたのだと聞いていた。加賀百万石のお殿様直々のお声掛かりであったため、最上の味であったという。
いつも私の歌を応援して下さる高木絢子さんの歌にも

「藤むら」の桜もち買ふ一葉のこころときめき弥生のそらは       高木絢子『一葉日記』

という歌があって、小石川生まれの樋口一葉も「藤むら」を訪れていた話はあったけど、その当時でも高かったとおもわれるお菓子を、ただ買ったとは思えない。萩乃舎のおつかいを頼まれて自分もおすそ分けにあったのかなどと思ってしまう。(一葉日記に当りもせずにこんど絢子さんに聞いてみようなどと考えている)

その「藤むら」が店を閉めたと思ったらとうとうやめてしまって、建物も人手に渡り壊されてしまったと知ったのはつい先ごろ。ずっと出かけないでいたからネットの情報で知ったのだ。やはりデフレに慣れてしまった人々には手が出ないほどの高級品(友人は価値の分かる仕事上の大事な方にしか贈れないと言っていた)ではやって行かれなかったのだろう。ビルに建て替えて貸さなければ固定資産税の払えない東京は老舗の生き残りは難しい。残念。

涼やかに月の射しこむ部屋を出て猫の目のような夜を歩こう    多香子
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ