2018/12/14

童謡「毬と殿さま」  短歌

寒くなると「こたつで蜜柑」が合言葉であったが、このごろは果物の種類も増えて、一日に蜜柑を何個も食べると言う事は無くなっている。それでも冬はちょっとした籠などに蜜柑を乗せておいて、来客などにひとついかがと勧めるのはお茶を入れる暇がなくても良い手かもしれないのだ。
私のひいお祖母さんは静岡の出だから、昔は少し酸っぱい静岡蜜柑が箱で置いてあった。けれど八百屋さんで買うようになると愛媛ものが甘く、和歌山の有田蜜柑は高級品であまり買うことはなかった。
「てんてんてん毬」で始まる毬つき歌は、女の子なら愛唱歌で今でも覚えているが、毬が転がってお殿様に拾われ紀州にまで行って蜜柑になった歌だと言う事は大人になってから分かった事だった。

「毬と殿さま」 作詞 西条八十 作曲 中山晋平

@てんてんてん毬 てん手毬  てんてん手毬の手がそれて
 どこからどこまで飛んでった 垣根を越えて 屋根越えて
 表の通りに飛んでった飛んでった

A表の行列なんじゃいな 紀州の殿様お国入り
 金紋先箱 供ぞろい お籠のそばにはひげ奴
 毛槍をふりふりやっこらさのやっこらさ

Bてんてん手毬はてんころり はずんでおかごの屋根の上 
 「もしもし紀州のお殿様 あなたのお国のみかん山
 わたしに見させて下さいな下さいな」

Dてんてん手毬は殿さまに 抱かれてはるばる旅をして
 紀州はよい国 日のひかり 山のみかんになったげな
 赤いみかんになったげななったげな
 
(「野ばら社」『童謡』より)

スペースの関係で四番を除いたが話の流れは分ると思う。母が童謡好きで母の持っていた古い本から引いたが、今でも歌われるだろうか。
紀州の出の風太郎さんは「紀州の手毬」の歌を詠んだ事があって、お土産品にも手毬があると知ったし「風の歌会」のやねうらねこさんも有田蜜柑の産地の人でご縁のある地である。

手毬つき遊びし昔の少女たち我らはゴムの手毬をつきぬ   多香子
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ