2019/2/8

二月の歌  短歌

去年暮れから一月に掛けて関東平野はカラカラの晴天で、湿度は低く火事の多い日々となっていた。インフルエンザも猛威を振るっていたが、わが家の周りには患者も聞かず、二月になると治まるのか、別の型のインフルが流行るのか心配な所だ。東京は二月に大雪が降るけれど、今年はどんなのだろうか。二月の歌は少し気取って海のある故郷をアニメ風に組んでみた。

「海のある街」

外は雪しんしん虫歯の痛む夜はりんごも噛めずに炬燵にひとり

ふるさとは何もないけど海だけが帰っておいでと手招きをする

その角を右に曲がれば海が見え、坂の下から君が手を振る

合併で村から町に昇格も、かわらず不便とおじさんは言う

ひれ赤き魚に似たる飛行船、青い空ゆく海を思いて

夢みるは岬の先の灯台で穏やかな人と暮らす凪の日

この町の一番大きなユリの樹が花開くころ帰っていこう

知っている人は又創作して、と思うだろうけど私は東京生まれの東京育ち。童話を書くような気持で七首連作を組みました。受け取り方は様々と承知して、これが私の方法と自分では納得しています。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ