2019/2/15

秀歌(83)鈴木加成太「角川一月号」より  秀歌読みましょう

鈴木加成太さんは、2015年の角川短歌賞を「革靴とスニーカー」で受賞しその時は阪大の四年生、就活に革靴を履いて日常から離れる感覚を描いていたと思うが、その後の若者の「生きにくさ」というテーマよりはまだ苦しくない時代であったのかもしれない。平成5年愛知県生まれと言うからまだ25,6と社会に出始めた若い歌人はその後「かりん」に入ったらしい。東京在住。

私は彼の受賞当時の美しい比喩が好きだった。学生らしい清廉な心象世界がどのように変わったのか「角川」の1月号「新春歌人大競詠」は若手は7首+「最近変わったこと」というエッセイつきで特集している。その中から5首を

「切り紙のもみじ」

仕送りに母が忍ばす切り紙のもみじに残るうすい下書き

子守唄のなかに微量の水銀はふくまれ雪のそら深みゆく

靴あとがさかなの骨の化石めく小雨のエントランスをゆけば

オリオンの腰帯ゆるきあのあたり宙に誰かの三連符あり

白熊にいちにち夜がある冬をふたんふたんと貨車は遠のく

エッセイで彼は就職して、学生時代とは違う季節を生きていると書いている。夏休みや文化祭が無くても生きていけるのだと。彼の歌は少し日常に近くなり、しかし美しい比喩をもって生き続けているのかと思った。「オリオンの腰帯ゆるき」という捉え方にほおっと吸い込まれる。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ