2019/4/19

「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

四月に入っても寒暖の差は激しく、先々週の関東大雪には驚いたりしました。冬の敷き毛布や綿入りコートを片付けたいのに用心深くなっていたりします。今週やつとあたたかさもどり、桜は八重桜に移りながら木々の新芽が柔らかく覆い始めています。
いつも忙しい春先の洗濯やガラス磨きも、手の痛い今年は思う様には行きません。手洗いをする綿入りのコートも、まとめて洗濯機にぶち込んでしまいました。手入れの行き届かないベランダでは、フリージアの花が少なく、それなのにクリスマスローズと菫はぞこぞこと咲いています。

そんな思うに任せぬなかで4月9日付「読売歌壇」小池光選で一首掲載されました。

ひなあられ三粒を雀にやりにけり一粒ずつをくわえてゆきぬ      河野多香子

小池さんは二年ぶりくらいで、とても嬉しいです。猫が居なくなってから、ベランダにくる雀がどこかで貰ったパン屑を咥えてきてまるで家を食堂のようにしていたので、少し餌をやり始めていたのです。小池様ありがとうございます。
動物好きなのだけどあまりに多い雀はチュンチュクうるさいと息子が嫌がっていたのですが、このごろは慣れて面白がっています。猫は名前も憶えて、言葉もかなり理解するのに、雀はあまり懐きません。(猫のいた家だから仕方ないかも)お礼に雀に、クッキーでも粉にしてやります。

旅行の写真を知り合いの方の写真掲示板に載せています。ご覧になる方はこちら
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ