2019/4/26

山吹の里と太田道灌  

家の近くに「太田姫稲荷神社」という小さな神社があるのは、あの太田道灌が江戸を開いて館を置いた場所だと言う。それは同じ区内の別の場所だと言う説もあって、麹町地区のそちらにも神社があるらしい。道潅の有名な歌に

わがいほは松原つづき海近く富士の高嶺をのきばにぞみる 
 
と描かれているのは家康の入城の前の葦原だったころの風景であろう。私が小学生の時に東京百年祭と言うのが開催され、明治期に江戸から東京になったのを記念してパレードなどがあった。
その時の都知事は誰だったかわすれたけれど、太田道灌の格好をして馬に乗っている人も居たなあと思い出す。千代田区民には太田道灌は身近な人物だった。その人を祀っている神社がお稲荷さんなのも面白いけれど、由来は良く知らない。(すぐ近くでも町会は別なので)

もう一つ親近感があるのは、何度も書いたが母の小学校が「山吹小学校」といって早稲田の地が昔「山吹の里」といったことからついた地名の育ちだっせいだ。この山吹の歌の話も有名でそれは「常山紀談」と言う書物から広がったと言われるけれど、現代では落語などから知ることもあるのだろう。
道潅が江戸築城したのは1450年代だから、徳川入城より随分古い話だが鷹狩りに出てにわかに雨に遇った道潅が、しもた屋に雨具を頼んだところ、その屋の貧しい女が山吹の一枝に歌を添えて出したと言う。

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき(後拾遺和歌集・兼明親王)

道潅は意味が分からず、怒って帰ってきて知識人の友から古歌に「蓑」と「実」をかけて風情ありげに断りをしたものと教わり自分の不明を恥じたと言うものだ。道潅はそれから武だけでなく文も学び一流の歌詠みになったと、いかにも戦前の「修身」の教科書に出てくる感じだった。母は生まれ育った場所の話なので、私達子供にも教え、年を取ってからも太田姫神社に山吹が咲く頃は散歩に行っては「昔語りに山吹の〜」と小学校の校歌を歌っていた。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ