2019/6/7

六月の歌「四季」のこと  短歌

私はずっと「結社」には入らないで行くと思っていたのですが、歌集を出してみて、「歌壇」というものや自分の年齢を考え、講座で知り合った方のやっている「四季」という小さな結社にはいることにしました。50年の歴史のある空穂系の雑誌なのですが、高齢の方が段々に引いて行って人数も少なくなるというのはどこも同じようです。ご夫婦でやってらして、選もないしエッセイも書いて良いと言うので、これからの短い人生に良いのかもしれないと思い四月に入会しました。

四季と言う位で季刊の雑誌を発行しています。私自身はアララキ系ではなく、軽い文語と口語の融合というあたりを詠んでいますが、その点も自由な様子です。刊行誌は売っている訳ではないので、見本誌は取れると思いますが、まず私の歌はこのブログに載せてみようとおもいます。
今度出るのが「春号」なので、六月の歌ですが春の歌掲載歌十首です。

「春の小川広場」

さよならと白い辛夷の花が散る取り残されたゴールポストに

廃校の後も高価な一等地何もならずに当面広場

薄紅の木蓮咲けばけむりたつ春にも街は知らぬ顔して

子のための理数教室開かれて近くのビルに親子連れゆく

白い人青銅の人もありふれてスポーツ街はシーズン終わり

何食わぬ顔で過ぎゆく野良猫も狩られかられて姿はみえず

もうずっと夢みていたか菫草あなたの傍にそっとよりそう

校庭に知らず芽を吹くユズリハはいたずら雀の善き贈り物

昼のうち楽しい手紙を書きましょう、夜は哀しい歌詠うから

月さゆる真夜にはすべて静まりてゴールポストのため息ひとつ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ