2019/7/5

「舌切り雀」  短歌

この頃猫がいなくなったので、雀にクッキーを砕いてやっていると「雀のお宿」などと言う歌があったような気がして調べてみた。小さいころには絵本で(テレビはまだなくて「日本昔話」なども本だった)「舌切り雀」のお話を読んだけれど、何だか残酷なお話だなあと怖く思ったり、それと「雀のお宿」の歌は同じ話の物なのかしらと思った。
検索をしてみたら、驚いたことに私たちが知っている歌はフランス民謡の曲に誰かが歌詞を付けて(作者不詳)戦後すぐの小学校一年生の音楽の本に載ったものだと言う。歌詞の様子から「舌切り雀」の一部分だと分る。

すずめ すずめ お宿は どこだ
ちっちっち ちっちっち こちらでござる
おじいさん よくおいで ごちそう いたしましょう
お茶に お菓子 おみやげ つづら      

こんな歌詞なのだが「舌切り雀」の話は御爺さんがかわいがっていたチュン子が、お婆さんの糊(洗濯糊は御飯を水でこして作った)を舐めてしまい、お婆さんに舌を切られて逃げて行った。お爺さんは淋しがって雀の家をたずねて竹藪のあたりへ行き、雀のお宿に招待される。雀たちに歓待されて帰り際おみやげに、大きいつづらと小さいつづらのどちらかをといわれて、無欲なお爺さんは小さいつづらを貰って帰ると、金銀たからが入っていた。
お婆さんは、それを真似して出かけて行き、大きなつづらを選ぶと中から魑魅魍魎がでて来ると言う物。江戸期には流行っていたおとぎ話の一つと言われるがそれより古くの原典などははっきりしないらしい。まあ、勧善懲悪もの、欲張りを戒める話ではあるけれど、現代風に読むと若い女の子を可愛がるお爺さんにお婆さんは嫉妬したのではとも取れる様な・・・

「歌会」に次の歌を出したら、先生が「今の人は(雀のお宿)も知らないかも知れない」と言われたので、また年を感じてしまった。

埋められず一本残った電柱は恥ずかしそうに雀のお宿   多香子
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ