2019/7/26

秀歌(88)三枝昂之「角川」28首より  秀歌読みましょう

三枝昂之、三枝広樹は兄弟で、兄の昂之さんは奥さんの今野寿美さんと「りとむ」を創刊主宰している。現日本歌人クラブ会長で日経歌壇選者だけど、私自身はどこか合わないような気がしていた。ただ山梨県の出身で「県立文学館」の館長であることが魅かれる部分なのだと思う。
県立文学館は同じ敷地に美術館があり、三億円のミレーの「種まく人」などの絵があって、何度も通った気持ちのいい場所である。その文学館の(親が山梨の出身のため、展示などもかなりされている)一葉の事を詠みこんでいる「角川短歌」7月号の巻頭28首が面白いので、七首ほど引いてみる。

「一葉」
 佐々木信綱が漱石から聞いた話
めおととなる話もあった 浮雲のようなえにしの漱石一葉

塩山は死人花の里あかしくらしと小中英之の歌に咲きたり

 一葉は今の東京内幸町に生まれた
甲斐の血をひきながら甲斐の山脈(やまなみ)と会いしことなきひと世を思う

「今に、今に」は今も暮らしの声にして江戸東京の空に吸われる

文芸という執着はそれとして今日だけの夏が丘に来ている

 再び懸垂幕の樋口一葉
文学の文学館の行く末をたぶんあやぶみながら見下ろす

樋口一葉本名は「なつ」梅の木がどの枝もどの枝も実を太らせる

一葉の井戸と言うのが小石川の「オリンピック」(量販店)の傍に有って、この歌に描かれる一葉の生涯なども本に読んだりしているので、山梨の想い出と共に、心魅かれるところがある。六首目は今の文学館に一葉の垂れ幕が下がっていて、「文学」の行く末を心配していると言うのは作者の気持ちのあらわれであろう。私は山梨県民にあの広大で気持ちの良い美術館、文学館を守って行く気概はあると信じているけど。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ