2019/8/23

「毎日歌壇」掲載」  毎日歌壇他

八月の猛暑は東京では台風の影響はあっても、熱帯夜は治まらず、私は先日の結婚式で冷房病の様相を呈していました。都会のビル街の熱帯夜と言う物は経験した人でないと分らないと思います。郊外ではまだ戸建ての家もあり、夜には気温も下がって来るのでしょう。
でも高層ビルは太陽をいっぱいに吸い込み、夜にその熱を放射しても却って気温を上昇させるだけ、エアコンの排気で外はいつまでもむんむんしています。それが朝までも続くので、「朝の涼しいうち」などという日は殆ど無くなっています。こんな空気の街で「オリンピック」を開くなんて、信じられない思いでいっぱいです。

8月19日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で、一首採って頂きました。

喜びも悲しみもみな水の中イトマキエイの翼かがやく    河野多香子

冷房病から、腰痛までぐったりとしていたので、夏にどこかへ行きたい気分もなく、水に入って泳ぎたい気分も無くなっていましたが、この歌は前に作って7/24の投稿でしたから、まだ少し涼しいころだったのかも。
水族館を見るのは好きで、春の能登の旅行時にも「能登島水族館」に行きましたが、イトマキエイはどこで見たのだったか・・・このごろ記憶がうろ覚えになって来ています。今は動物園でも水族館でも、一生を地球で暮らす我々も皆それでいいじゃないかと言うような気持を持ち始めています。あきらめかと言うとそうでは無いような、微妙な感じです。
暑さに参っている日々に、プレゼントを頂いたようです。米川さまありがとうございました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ