2019/9/27

千葉の停電と「ソーラーライト」  

九月の台風による千葉県全域の停電等の被害は思いもよらない大災害になった。我が家は(このブログにも時々書くが)房州に別荘があったせいで近しい気持ちもあるし従弟も子供のころの楽しさを思って大原に移住していった。(五年ほど前に急逝したので奥さん一人が暮らしている)
停電、断水でも船は動いているだろうと一人叫んでいたら、知っている人は運航が始まったら東京湾フェリーで、金谷港へ車で着いて氷やお弁当を運んでいるとテレビが報道した。報道は何日か経ってツイッターなどが騒ぎ始めてから始まったのだけど、相変わらず自分たちは「報道」することが使命で、他の事はしないという姿勢が丸見えだった。

千葉市の友人に電話したら、大丈夫と思っていた都市部でも二日は停電したという。あとからああ、ソーラーライトというものがあったと思い出した。それはトラックで来る八百屋さんが夜の照明のために家でアマゾンに注文して(代金は八百屋さん)買った小さなソーラーパネル付きのライトで、二つ組だとかなりの明るさが確保できる。もちろんホームセンターのある所はそこでも手に入るだろう。
懐中電灯は電池がいるが、ソーラーパネルは日が出れば充電ができるので、災害で壊れなければ何度も充電できて長く使える。二つ組で3000円ぐらい、ランタン型のものもあるので我が家も防災用品として買っておこうかと思っている。でも私の見たテレビ(あまり見ないけど)やネットニュースでもこういうものを勧めているところはなかったような気がする。

私はメガソーラーには反対で、反射で熱の上がった土地だの、今度の台風で破損したり、火災も起きたという。でも、小さな所、玄関灯など、それぞれが使う分だけ充電するのは普段からでも良いのではないかと思っている。

倒れ伏す野分の後の庭の辺の小菊と言う名はいとしきかぎり   多香子
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ