2019/10/25

「てるてる坊主」  

今年の水害はというより、毎年毎年場所を変えて思いもかけないところに豪雨が来る。今年の台風は特別のような気がしても、以前にあった台風禍もひどいものであったに違いない。この頃の雨は「てるてる坊主」をつるすなどの暇なく災難が襲い掛かってくるみたいだ。
私はめったに「てるてる坊主」を作ったりしなかったのは、運動会が好きでもなく、行楽のために晴れを祈願もしなかったからだろうか。いとこが多くて出かけるのが好きな家族には、晴れ女晴れ男が一人以上いたのだろう。晴れて出かけて帰りにはにわかの大雨にタクシーに詰めるだけの人数を押し込んで帰ったことなど、今は楽しい思い出になっていたりする。

「てるてる坊主」 作詞:浅原 鏡村. 作曲:中山 晋平

@ てるてる坊主 てる坊主あした天気に しておくれ
  いつかの夢の 空のよに晴れたら金の鈴(すず)あげよ

A てるてる坊主 てる坊主あした天気に しておくれ
  私の願(ねがい)を 聞いたならあまいお酒を たんと飲ましょ

B てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
  それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ

作詞の浅原さんという方は知らなかったが、中山晋平は有名、その出所の信州中野も今回の千曲川氾濫の影響を受けている。歌詞が初めはかわいらしくご褒美の約束なのに、最後は首を切るぞとおどす怖い歌になっているので、「ほんとは怖い○○」などに引き合いに出されることもあるが、日本に限らず近代までは残酷なことは普通に語られる勧善懲悪の時代だったのだ。私の子供のころは、白い切れをもらって丸めた屑布をくるみ、ひもやリボンでくくって作ったものだが(それも絞首刑の様相になったり…)いまはテッシュで簡単に作るのだろうか。

夕立は豪雨となりて道の上に街を逆さに映して朝やむ     多香子
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ