2019/12/20

秀歌(90)香川ヒサ「角川短歌」28首より  秀歌読みましょう

香川ヒサさんは何年か前に一度取り上げた歌人。昭和22年三月生まれだと私より二学年下の横浜生まれ、いまは大阪住まいのようだ。結社「好日」に入会後、同人誌「鱧と水仙」を創刊、元気のよいおばさんという印象で私の好きな歌人である。(現実にお会いしたことがないので勝手な印象)お歌を見ていると決して元気がよいばかりではないのだろうけれど、歯切れのいい都会的な歌を詠んできているように思う。「角川短歌」九月号巻頭から八首を引く。

「サンキストレモン」

あきづしま大和の国の敗れてもありし山河が黄砂に烟る

敗戦後七十四年の竹伸びて筍生活とふものありき

コンビニで買ひ物をする老人と子供等しく国税納めて

ビルとビルの間を歩き回りつついつも何かに遅れてゐたり

鳥の声ひびく朝(あした)を鳥のせぬ深呼吸する体操をする

九十六歳の母生きてゐる税金を国と横浜市へ納めつつ

香港に雨傘掲げた若者ら 西から雨雲寄せ来るらしも

帰還せむ来年末まで「はやぶさ2」わたしの心に点ることだま

この連作のころはまだ消費税引き上げの前であったろうが、やはり国民一人一人が少なくてもみな一律に納税する「消費税」というものに目を凝らしている。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ