2019/12/27

今年の述懐と「N短1月号」  NHK短歌

毎年年末の述懐などと書いているのですが、今年は改元もあり、私もするべき旅行だのクラス会、結婚式などの付き合いをやり終えて、では主人の健康診断となったところで青天の霹靂となりました。でも、主人の心臓は自覚症状もなく(常に不整脈です)家から歩いていかれるクリニックや大学病院があって来年の手術に向けて普通に生活していいとなりました。(もちろん服薬に減塩生活ですが)

そういえば五月に車をぶつけて廃車、本人は不本意だったけど免許を返納して、その後の老人の運転事故の報道も安心して見られるのはよかったけれど、生活に不便感はぬぐえません。都心のスーパーも遠いくらしで、配達の業務用のスーパーが見つかったことは「窮すれば通ず」の見本かしらとか、私はどこかで「運」はみすてていないんだ、という気持ちにもなりました。

いろんなことがあって、短歌のほうは低調かなと思っていました。少し休みながらがいいのか、刺激があることがいいのか、何かを吸収したくて上野や北の丸の展覧会に行って、それが少しずつ効いてきているような気がします。
「NHK短歌」テキスト一月号、大辻隆弘選「卓」の佳作に掲載されました

テーブルの上の柘榴の赤い口笑みつつ我を不安に引きよす     河野多香子

この頃は殆ど取られないので忘れていたぐらいです。日大や自分のクリニックの最後の診察のころだったので、ただ驚いていました。ありがたいことです。
ドタバタしながら年が暮れ、新年を迎えることでしょう。本年のお付き合いをお礼申し上げ、来年も変わらぬご厚情をお願いいたします。(図々しい)
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ