2020/1/31

「NHK短歌」二月号  NHK短歌

ついこの間新年になったと思ったらもうじき一月も終わり、私自身はもうじき主人の手術と思うと、あせあせとした心とのんびりしたい気持ちで日々を暮らしています。
去年はなんだかダメだなあと思っていたNHK短歌は、何とか投稿を続けていましたが、12月の「一月号」に続いて「二月号」で、江戸雪さんに「矢」のお題で佳作に取っていただきました。

紛争の矢面に立ち萩の花ちらりほろほろ涙をこぼす   河野多香子

去年の秋ごろから、以前詠んでいた感覚が戻ってきて、やっぱり自然にまかせて自分の歌と思えるものが詠めればいいのだろうと思っていたのです。選者も変わっていきますし、歌の相性というものもあるなりに取られるようになったのかなと思いました。江戸雪さんありがとうございました。

この頃はN短テキストをキンドル版で買っているのですが(本が増えないように)、今号に今年四月からの選者紹介が載ってもうそんなに経ったのだと思わされました。四月からは松村正直、小島なお、寺井達也、栗木京子(胸キュン)の諸氏となるそうです。
家の先生はあちこちの若返りがご不満のようですが、今ネットに広がる若い裾野を吸い上げるには若い選者という事なのでしょう。初心者用の(胸キュン)にしっかりした先生を置くというのも大事なのでしょうが、栗木、佐伯の交代々々のため、古株の人が胸キュンに採られる事が多くなっているような気もします。
4



2020/4/23  20:33

投稿者:のん

多香子様
お気遣いありがとうございます。
多香子様もご主人様もどうぞお元気でお過ごしくださいませ。

2020/4/23  14:46

投稿者:多香子

のんさま、びっくり。
この時期の入院手術は心配ですね。どうか無事退院なさいますようお祈り申し上げます。お互い笑いあえる日が来ますように。

2020/4/23  9:27

投稿者:のん

多香子様
多香子様もご主人様もお元気でいらっしゃいますか。
ご無沙汰いたしております。
コロナの終息が待たれますね。
どうぞご自愛くださいませ。

実は、私、4月末からしばらく入院・手術する事になりました。掲示板を閉じておかないと荒らされますので
やむを得ず閉じる事に致しました。
お世話になりましたのに、ちゃんとしたご挨拶も無しで失礼しました。
どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

2020/2/6  19:29

投稿者:多香子

なかさん、コメントありがとうございます。
私も疲れ気味ですが、主人と頑張っていこうと思います。

淳太郎様、どなたのネームなのか分かりませんが、ありがとうございます。またよろしく。

2020/2/3  2:02

投稿者:淳太郎

野良猫と呼ばれるほどの魂をもつ猫おらずビルの町には
〜〜ご歌集の中で特にこの作品が大好きです。

2020/2/2  18:09

投稿者:なかさん

昨年末より1か月入院してました。
まだ静養の身ですが、またよろしくお願いします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ