2020/2/28

主人退院と世の中の景気  

26日に主人はやっと退院しました。二月を殆ど病院にいたことになって、振り返っても年の初めから「何だったんだろう」と思う日々でした。まだ貧血もあと一歩、鼠径部が手術しなかったほうはヘルニアのようになって、いずれ引いていくのか分かりませんが、コロナ騒ぎの中では家で静かに静養させたいです。といって、歩かないと筋力は弱るし、動きすぎると心臓に堪えるしでほどほどとはどのくらいか計りつつ行かなくてはと思います。

新型コロナウィルスのせいで、懸念されていた世の中の動きが悪化してくるのは、都心にいるほど早く感じます。家の周りはスポーツ屋街なので二三年前から景気は冷え込み、それでも中国人と白人系の買い物客が大分いたのです。今は中国人はもとより白人の観光客が激減して、スポーツ屋はオリンピックの年なのに、店じまいをするところが増えてきました。スポーツ大会の中止、イベントの中止なども飲食店を含めて影響が大きいのでしょう。テレワークとライン、ネット上のつながりが大事になるでしょう。

街が適当にすいているのは、ゆとりがあっていい気分なのですが、通勤電車は相変わらず満員、三月の確定申告、省庁や大手の三月年度替わりなどで、休めない人たちがマスク姿で通勤し受験生も気の毒です。歌の世界も大きな結社の人数の多い「歌会」は中止の通達が飛び交っていますし、歌集批評会なども延期になっています。初めのうちはこんなに拡大すると思わなかったのに、こうなってくるとずっと冷え込んでいた景気は一気に悪化するのではないかと心配されてきます。
去年主人の病気が分かった時は、これからは二人で半分ずつの力で行けばいいのだと決心したけれど、今年は周りの知り合いも病気になったり大変な思いをしています。今の世の中を見ていると何か妖(あやかし)の力に引きずり倒されているような不気味さを感じてしまいます。

日は暮れてわれは一人で沙羅双樹知らない道をとぼとぼと行く   多香子
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ