2020/4/3

「四月の歌」  短歌

コロナの騒動はとんでもないことになってきたみたい。我が家はうまい時期に退院出来てよかったなんて思うくらい、いま東京は恐ろしいところです。でもどこかに「いっそ目の前にパンデミックが広がっているのならわかるけど」という思いもあります。
表面上は何もなくてテレビでネットで言っていることが本当かどうかわからないで、日々を不安に暮らしているのが嫌ですね。そして、どうも「人工呼吸器」など見たこともない人がいるみたいなのもびっくりしました。病気の宝庫のわが家族は病院で何回か見たし「人工呼吸器を付けずに死ぬこと」が死に方の家訓なのです。尤もこの前の手術で二度もそれを使った主人は(手術の場合は終われば外すので)「なにも知らない」といっています。
つまらない春の四月の歌は、明るく無責任な歌にしました。

「春は気楽に」

泡立てたハンドソープのしゃぼん玉ねこの鼻先ぱちんと割れた

春色のカンバスに色ぬりかえて新たなドラマ描いていこう

君がため腕を振るって完璧なホールケーキをいま焼き上げる

家の猫の好きな絨毯花柄のみどり部分が爪とぎ専用

バスケットいっぱい可愛さ詰めて行くオオカミ知らない赤ずきんちゃん

悪い日のあとにはきっといい一日 髪をピンクのリボンで飾る

人形もうさぎも席に着いたから、もうすぐ始まる三時のお茶会
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ