2020/4/10

「春の唄」  短歌

非常事態宣言が出されて、なんだかわけのわからない興奮と憂鬱感があるけれど、実はお願いされているだけで私たちは我が身を守ることを考えるしかないのかもしれない。明るく行きたいという時に「アンパンマン」もいいけれど、懐かしい童謡というものもある。
童謡でも日本の歌は暗く悲しい色調のものが多いけれど、明るい春の唄といったらやはり「春の唄」だろう。冬には忘れていて、ある日春だ!と思ったとき「ラララ・・・」と口ずさむ、辺り一面明るい春の日差しがあふれてくるような歌である。その曲調から戦後の歌と思ったが、昭和12年NHKラジオの「国民歌謡」として発表されたものという。四番まであるが一番と三番を上げる。

「春の唄」貴志邦三 作詞 内田元 作曲

1.ラララ 赤い花束車につんで 春が来た来た丘から町へ
 すみれ買いましょ あの花売りの 可愛い瞳に春の夢

3.ラララ 啼けよちろちろ巣立ちの鳥よ 春が来た来た森から町へ
 姉と妹のあの小鳥屋の 店のさきにも春の唄

私が子供のころは母が少し高いキーで歌ってくれたが、声が出なくて音痴な私は息子に歌ってやることが出来なかった。尤も男の子はあまり興味がなくて「ウルトラシリーズ」の曲に夢中だった。こうして書いてみて、「花売り屋台」の売り子が姉妹だと思っていたけれど、それは「小鳥屋」の間違いだとわかった。長いことそうおぼえていたのだろう。

引き売りの八百屋の台に並ぶ鉢 ひなげしアネモネ春の匂いよ   多香子
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ