2020/5/8

秀歌(92)恩田英明「角川」四月号より  秀歌読みましょう

ゴールデンウィークが終わって、皆様ご無事でお暮しでしようか。これからは地域差が出てきて、他県を敵視するようなことがなければいいがと思います。

今回の恩田英明さんは玉城徹の影響を一番引いていると言われるが、現在は一人で「α(アルファ)」という小冊子をやっているかたです。不識書院中静さんが一番押している歌人であるため「不識書院」で一度お会いしたことがあります。昭和23年生まれだから私より少し年下で、物静かなおじさんという感じでしたが、ちょうど第四歌集「葭莩歌集」を出したところでした。本来の歌は理知的で写実的な論理の印象はありました。ただ息子さんを亡くされ、感情を絞り出したようなところが、それまでと変わってきていたのかもしれません。それから二年あまり「角川短歌」四月号に12首が寄せられたので六首を引きます。

「ヨコハマメリー」

コイン落ちて音楽流れ楽流れジュークボックスのアナログぞ良き

月を観て木星をみて街歩きしまひに真つ赤な林檎をひとつ

馬車道に夜さ夜さを立ち白塗りのヨコハマメリーひとりで永く

酔っ払ひの男を抱へ歩みゆくをみなの小鉤(こはぜ)ひとつ外れて

古コピー「四畳半襖の下張」探ししときにはあらざるものを

青珊瑚(ミルクブッシュ)の白き樹液の雫より油採らむとなしし夢の跡

このお歌だけでは分からないにせよ、ずいぶん感じが変わったなと(私にとっては距離が縮まった感じに)思われました。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ