2020/5/22

自粛は続くが、日大病院の事  

東京など13県を置いて、一足早く他県が緊急宣言解除になったとき、まあ妥当だと思いつつ緊張の糸も切れて「もうすぐ東京も解除になり、それから次の波が来るだろう」という気がした。専門家と言われる人たちは、大波小波でだんだん収束していくと言っているのだろうから、そんなにシャカリキに自粛しなくてもいいのじゃという気持ちにもなる。

それにしても日本人は「マスク」が好きなのだなあとあらためて思った。私は息苦しいから大嫌いだけど、しかたないから手造りの花柄とイチゴ柄をしている。解除になったところでも、都心でもみんな何らかのマスクをして平気で歩いているのはすごいなあとしか言えない。

21日の木曜日に主人の付き添いで日大病院に行き主人は二か月振りに診療を受けた。確かに少し空いているみたいで、玄関は入り口出口を分けて手を消毒、検温をして入っていく。職員が何人も立っていて目を光らせていたけれど、私はイチゴ柄の縫ったマスクだったので「手作りですか、かわいらしい」と笑ってもらえた。

採血室はビニールカーテンの遮断、受付もアクリル板で覆っていたけれど、診察室の医師はマスクだけで(フェイスガードでもしているかしらと思ったけれど)平気な顔をして診察をしていた。入院患者は出来るだけ取らないようにしているみたいだった。

ヤマボウシ白く誇れる近道をマスクの二人病院に行く

耳打ちをしてもソーシャルディスタンス取れていないとどこからか笛  多香子
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ