2020/5/29

子年と「NHKテキスト」六月号  NHK短歌

今年度のNHK短歌は四月三週まで放送されたとおもったら、コロナの騒ぎで録画ができないと、去年の再放送になってしまいました。詠草募集は続いているし、どこまで再放送?と先行きを危ぶんでいましたが、五月四週の「胸キュン」で他のテレビ番組のように「リモート出演」というのか、栗木さん他小沢君などが一人ずつの枠の中でしゃべっていました。(私はNHKの見逃し配信で見ています)ホームページで好きな時に見られる代わりに、前のように「今週の特選」という画面の写真がないので入選歌が見にくいです。その分テキストを買ってということなのかしら。

「N短テキスト」六月号の松村正直選「子、鼠」で佳作に載せていただきました。六月号から今年度の選者で、松村正直、寺井龍也、小島なおと若手に胸キュンは栗木京子の各氏です。松村さんは長く「塔」の編集長をされていて、今年交代されるらしいです。もう中堅なのになんとなく若いような気がするのは、昔から端正なお顔つきが私の好みだからかしら(!)

今年のお題は十二支に決めたらしく、それぞれの動物でもよいらしいです。「子」は十二支の初め、そういえば今年は子年だったなあと確認するくらい「コロナ年」なんじゃという気分です。歌は

くるくると車を回す白鼠どこまで行ってもおんなじ私    河野多香子

出してから三か月、うろ覚えになっていて読み返したら私らしい歌だなあと思いました。昔は縁日などでハツカネズミが今の「ハムスター」の水車車を回すように、かごに入れられて売られていたものです。歌も覚えていられない私はネズミの脳みそぐらい、きっと呆けていくのでしょうね。松村様ありがとうございました。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ