2020/6/26

「NHK短歌」七月号  NHK短歌

色々な自粛が解除になり、短歌講座も再開されました。久しぶりのパレスサイドビルはやっぱり人が少なめ、飲食店もコンビニも(午後五時頃で)がらがらでした。
テレビなどでは日常が戻ったという報道もあるけれど、お教室は寺子屋式の机に一人ずつ、講師席にはビニールを貼った衝立で入口を開けていました。出席者が半分だったので密にならず、男の先生はマスクの上にフェイスシールドだったので、声が聞きとりにくかったです。この先もこういう形式なのかなと思ってしまいました。

先月から新選者になった「NHK短歌」テキストの七月号に二首佳作で掲載されました。小島なお選「自転車」佳作

花陰に見え隠れして走り行く青い自転車 あれはあなただ
河野多香子

なおさんはゆかりさんの娘さんで、私など年齢の開きがありすぎて・・・という感じもしていたのですが、この歌はどうせと若ぶった気持ちで詠みました。私は自転車に乗れない人なので、女学生が好きな人の自転車の通るのを窓から見ているという見立てでした。
もう一首は寺井龍也選「幼」の佳作です。

中学生になった幼いライオンはたてがみ立てて春二度寝する  河野多香子

寺井さんは20代も終わりと若く、短歌ムック「ねむらない樹」の編集委員、評論端の人です。私はこの歌のほうが自分では好きです。甥たちが(いまはもう大学卒業)長髪でごろごろしていたころの思い出です。
N短掲載は去年ははじめと終わりの方にちょっとだったので、今年の二か月続くのは久しぶりのことです。初めての選者の採用も(お婆さんなので)くすぐったいようなうれしさです。小島さま、寺井さまありがとうございました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ