2020/7/10

「七月の歌」  短歌

自粛の解除とともに、東京の感染者数は増えてきたが、そうも言っていられないと会社やお店はだんだん人が出始めています。そしてとうとう東京の感染者数が200人を超えてしまったと騒いでいますが、都知事選に前後して再びの自粛要請は出しにくく「他県への不要不急の移動は」なるべく抑えてみたいなことのようです。
私の行きたい市川市動物園は千葉県なので、また行けなくなってしまったなあと残念です。皆それほど出かけるわけではなく、リモートの仕事の人も家にいるのでどことなく「コロナ太り」になってきているみたいです。(かくいう私も)七月の歌は、食べ物の歌で楽しんでください。

「コロナ太り」

紫の茄子を茹でたる残り湯の色移りしたる緑のさびしさ

何もかも忘れてしまいたい宵は茗荷の酢漬けで一杯やるべし

幻影か君の背中が遠ざかる 熱中症かも・・・氷食べたい

汗だくで素麺茹でる夏の日は氷水にて手まで冷やそう

真夏日は冷やし中華もチャーハンもお店に行って食べるのが楽

豊穣の料理番組目で食べてそれで終わればダイエットだが

冴え冴えと十五夜の月昇り来て、きみはひとりで十六茶飲む


今年も豪雨の季節が来て、大変な被害のところもあります。まだ簡単には治まらないでしょうが、ひどくないようにと祈るしかありません。皆様お大事に。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ