2020/7/17

「毎日歌壇」掲載」ジンベイザメ  毎日歌壇他

GO TOキャンペーンについて騒ぎになっているけれど、レジ袋有料化の開始とか「コロナ」で世の中がガタガタになっているところに、決まったことだからと時期も考えず押しとおす政府というのは何なのだろうと、相変わらず憤慨しています。
混乱しているときは一時とどまって、目の前に必要なことから手を付ける、その裏でデータはきちんと検証する、というのがヒステリーを起こさない策ではないかしら。(などといつもヒステリーを起こす私か言うのもなんだけれど)
誰とは言わないがキツネ目の人間は(真実は知らないけれど)血の通いが薄い印象を受けます。都知事選で私は別の人に入れたのに、今の混乱は小池さんでなければ良くも悪くも捌ききれないなと思っていたので、同じタヌキ顔の女性を応援しています。

7月14日の「毎日歌壇」に米川千嘉子選で一首掲載されました。こういう時期の掲載はすこし気持ちが明るくなります。

夜の背に宇宙の星を降らせつつジンベイザメのプールは静か   河野多香子

このジンベイザメは去年金沢能登の旅行に行ったとき能登島の水族館で見たものです。上の句はそのあとすぐに出来て、本当に美しい模様でした。今はもう再開されたと思うけれど、多くの動物園、水族館は休園していて、寂しいなと思っていました。
もちろん今も東京は他県に出られないような状態ですから、私は家にいますけれど「動物園」「水族館」「温泉」に行きたいよう、と心でわめいています。米川様ありがとうございました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ