2020/8/28

ライブカメラに見る「忍野八海」のこと  

富士五湖ドットTVというサイトが、富士山回りのライブカメラ映像を出していて、その中でも忍野八海のカメラ画像は10分ごとの画像が一番の池と富士山の姿を大きくとらえて、観光客の姿も(顔までははっきりしないけれど)大きく映っている。3,11の後富士山噴火の噂とかあるたびにその画像をのぞいて来たのだった。

私が40年位前に母と友達と尋ねた時も猛暑の夏で、せっかく行った池の姿も何かの事故の規制で涼しくもなく辺りにお店などもあまりない場所だったが、今では建物も増え、藁ぶき屋根の日本家屋にお土産屋さんなど配置して、観光地らしいたたずまいになっている。
中国から大勢の観光客が「爆買い」などといわれてやってきたころ、観光バスで富士山を回るのも流行りだったらしく、覗いてみるライブカメラ画像は人で埋まっていた。爆買いがおさまって、外国人の観光客は日本各地にあふれかえっていたから、忍野八海の画像も賑わっていた。私もいつかまた行きたいなあと思っていたら、コロナが来てしまった。

今年の初めだったか(クルーズ船も今は夢のよう)あれよあれよと外国人は姿を消して、緊急事態宣言の出た時にはもう忍野八海に人影はなかった。日本人もステイホームと言われて、全国の観光は止まってしまった。富士山の雪が消えて、でも美しい姿はかわらないけれど、今もまだ首都圏の観光地には外国人の団体はいない。

でも批判の多いゴートーキャンペーンが始まったら、日本人は政府がいいと言ったのだからと旅行をはじめあっという間に感染は広がり東京はダメと言われてしまった。忍野八海は山梨県だから東京からは近い、このお盆にどんなかしらと映像をのぞいたら、懐かしい観光客(日本人の団体だろうか)の姿がかなりの数見られて複雑な気持ちになった。

富士山の伏流水が湧きあがり小さな池なれど八海と呼ぶ   多香子
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ