2020/9/25

「NHK短歌」10月号佳作  

コロナ以前は「電子書籍」より紙媒体のほうが読みやすいと、なかなか電子書籍は広がらなかったのだが、それでも断捨離の進め難さを思うと「買わない」という選択は多くなって、月ごとに出るテキスト類は「キンドル版」が良いという気分になってきていました。本屋さんは不況の中本を買う人も少なくなって、だんだん閉店していき、町の本屋さんというものが無くなってしまいました。

そこへコロナの登場で、外出自粛、少し本は売れ出したけど本屋さんはないから、アマゾンなど通販で買いましょうとなる。巣ごもり生活に必要なお届けも大変で、リモート授業、オンライン会議とともに「電子書籍」が急に発達したように見えます。
「短歌研究」「角川短歌」も電子化され、アマゾンで買えるようになったけど、一時「本」と同時発売だったN短テキストが、キンドル版だけ五日も遅れて発売というのはどういう意味なのか、一般市民にはよくわからないです。

今月は仕方なく、お医者のついでに市ヶ谷駅そばの本屋さん(チェーンだけど、支店がどんどん減ってしまった、かすかな残り)で「本」を買いました。
「胸キュン」栗木京子選 「冷蔵庫」の佳作にとって頂きました。

冷蔵庫あければ海が広がって日干しにされた魚が眠る   河野多香子

N短はもうやめようと思いながら投稿しています。今年は四人の選者に一首ずつ取られて、歌の勘も少し戻ってきたような気がします。まあ、干物の歌なんですけれどね。栗木さま、久しぶりにありがとうございました。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ