2020/10/16

秀歌(95)小島ゆかり「角川」六月号より  秀歌読みましょう

小島ゆかりさんが長いこと介護にたずさわって大変という話は聞いていたが、このコロナ下に同年代の女性たちはかなり追い込まれ、かつ覚悟を決めなければならない不安にもあうことだろう。それを詠う人、詠わない人さまざまながらこの28首を読んだ時、「小島ゆかり」の力とともにまたまた進んでいく歌人の姿に圧倒された。「角川」六月号巻頭28首より引く。

「肺呼吸」

いつまでと問はず答へず老耄の母と暮らせばぼたん雪ふる

わからうとしない自分に気づかうとしないわたしにうすうす気づく

捨てて捨てて生きんとおもふ夕焼けのそらに老母を捨てるときまで

ひるがへる紺のからだのしゅっとしてツバメハツバメデツライゼと言ふ

自己嫌悪Maxであるけふのわれ餃子の羽をバリバリに焼く

放心の胸にしいんと陽は照りて脚のみじかきアホウドリゐる

姑も母もてんでに老い進みどんどのやうな春のゆふぐも

はなみづきも鳥もゆれをり白マスクはづせばゆたかなる肺呼吸

父上の介護を共にした母、愛していた父、愛をくれつづけた母、人はその人の終わりをみとるまでなんて切ない時間自分を捨て続けるのだろう。介護は女だけの仕事ではないと思いつつ、この感覚は男の人には分からないのかもしれないと思った。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ