2020/10/30

秀歌(96)鈴木加成太「角川」10月号より  

今年の「角川短歌賞」は田中翠香さん、道券はなさんと「未来」の若手で(あひるだんさー)(ぴーたーぱん子)というニックネームで「うたの日」で活躍していた方たちでした。なんだか仲間意識もあったけれど私はツイッターをやらないし、道端で勝手に喜んでいることになりました。「うたの日の」人たちはそのほかの場所でもご活躍です皆様おめでとうございます。
     ******************************

鈴木加成太さんは2015年61回角川短歌賞受賞者で、当時は阪大の学生さんだった。受賞後に「かりん」に入って「国立図書館」に就職したのではと思う。学生時代から美しい言葉で紡ぐ比喩のすばらしさに目を止めていたのだけど、受賞作も就職の苦労の歌なのにどこかおいしそうなおかし名の比喩などが好ましかった。久しぶりに「角川」10月号に10首詠を見たので五首を上げる

「ひぐらし水晶」

七夕笹を母と担いで帰えりし日 うすがみの銀河がさらさらと鳴る

魚の眸の奥の水晶こりこりと食みつつ昏れる陶のふるさと

シベリアの野に向日葵を焚きながら青年祖父の汽車は走ると

祖父の死後この世のほかのひぐらしのしんかんと夕べ「赤旗」届く

手花火をまっすぐに持つやくそくは宵闇の祖父に教えられたり

五年がたって祖父の思い出話の中に、すこし社会で重ねた疲れも感じられるけど、共産党員であった祖父の思い出の「不思議さ」など、透明感は失われていないと思った。題の「ひぐらし水晶」のイメージは生かし切れていないかもしれないが。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ