2020/11/6

11月の歌  短歌

今年の秋は短いかもと言われながら、秋晴れの少なかった10月前半とまた暖かくなった後半に気温も上下して、イチョウの黄葉などもなかなか進まないみたい。コロナにもだいぶ慣れたのか政府の政策か、そぞろ出歩いてみようかとも思われるが、やっぱり出した足をひっこめるみたいな気分で11月になってしまった。

我が家の周りの「スポーツ屋街」は夏の間ひっそりしていたが、さすがに冬が近づいて人が出るようになった。でも外国人観光客がいないので「混む」という感覚ではない。私たち歩きの人の間を自転車が駆け抜けて怖い思いもする。11月の歌はどうということない「秋」の残念感を。

「秋薔薇は」

薔薇一輪咲いたこころの寒い朝「進入禁止」の標識が立つ

秋寒にランチをおごってくれたから、胃薬そっとあなたに渡す

大根は味噌汁がいい、さくさくと千六本に切って夕餉に

色あせたブックカバーの手ざわりはあなたの背中なぜた日のまま

恋にもうあきてオス猫あくびするこたつが一番そんな火曜日

裏切られ二人逃げゆく道の先「ペンション四面楚歌」の看板

こんなにも黄金の色降る並木路は黒衣の女の似合うステージ

6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ