2020/11/13

「読売歌壇」掲載とタンパク制限  毎日歌壇他

主人の腎臓の数値eGFRがだんだん悪くなって、お医者が「たんぱく制限かなあ」というので、取り組むことになりました。ネットで調べて普通一日60gのところを40gにしようと、一週間の献立の成分量を調べてみました。今は販売されている食材の殆どに成分表が付いているので、息子が計算してカルクの表に一食当たりを計算して書き込んでくれました。
調べると腎臓の療養食はカリウム制限があるととても大変だけど、タンパクだけだとそれを小さめにするため、「砂糖と油」で補いカロリーを確保するようにというのです。糖尿食などとは反対ですね。ただご飯にも小麦粉にもたんぱく質はあるので、減らすとやせてしまうから気を付けなければなりません。よく言う「体にいい」という言葉は病気の場合役に立たないようです。でも適度にしないと味は減塩ですしストレスになってしまってはだめですね。
「一回り小さく食べる」「おやつなどを加えて、何回も食べる」という我が家の生活は間違いではないと思いました。
    **********************************

11月2日付「読売歌壇」の俵万智選でやっと取っていただきました。俵さんは二年ぶりくらいです。

湖水より銀の斧もつ女神きておまえの武器は「優しさ」と言う   河野多香子

今の日本に本当に必要なのは「優しさ」とか「赦し」なんじゃないかと思っています。でも人間はつい突っ張ってしまう。そんな部分が読んでもらえたとしたら嬉しいです。俵様ありがとうございました。
コロナのせいか、新聞歌壇の選歌期間が長くなったと聞きますが、この歌も八月の末に出したので、二ヶ月以上かかっています。それぞれの方が自分のペースをコロナに乱されているのでしょうか。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ