2020/12/25

今年の述懐と「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

主人の病気ではじまりコロナの蔓延が続く令和二年が終わろうとしています。いろんなことがあったのにただただ追われるように日が過ぎて、「ひどかった」という思いだけが残る一年でした。
でもよく考えると、ひどい出来事の時にはほっとするような「助け」があって、人の優しさや思いというのは大切だとつくづく思いました。自分も人に出来るだけ優しくありたいと心掛けていましたが、世の中に対して怒ることは抑えられません。
歌を詠むときには怒りは怒りのままに、優しさでくるんで出したいと思っていました。夏の暑さにはいつもに増して歌がうまく詠めなくて先生方から檄を飛ばされたりして(それが良い刺激となって)秋風とともに自分の歌を取り戻して来たような気がします。

掲示板「風」の家庭教師の座も自分には向いているのかもという気もして、主人のこと会社のことも忙しいけれど、自分のやるべきことはやっていこうという心持に至りました。今年は一年を締めくくるという気持ちにはなれません。コロナもまだ終息しないし、主人との生活も一生ものでしょうから、ただただ毎日を生きて行くだけなんだろうと思っています。

12月15日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で二席を頂きました。

撫(な)で牛は柵に囲まれ寂しげに湯島は静かな菊花展なり   河野多香子

<評>天神様のお使いで痛い所を触ると御利益がある撫で牛。今年は触れない。

先月「今年の菊花展」で書いた湯島天神に行ったとき作った歌でしたが、米川さまは何時も読み込んでくださるのがありがたい選者さんです。評が付くのも久しぶりでうれしいことでした。

今年一年、いろいろな「お助け」を下さった皆様、私が気付かずに傷つけたかもしれない皆様も、私を生かして下さったことそれぞれに感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ