2021/1/29

唱歌「富士山」  

童謡というにはかわいらしくはないが、新春に「富士山」はふさわしいような気がするのは、やはり雪を頂いた冬の富士山が美しいからではないか。富士山は日本一高い山なのだし。
この歌はもとは「ふじの山」として明治43年に「尋常小学唱歌」として発表されたもので、文語と言っても小学2年用に分かりやすい、でも雄大な富士山の姿を品よく描いている。作詞は童話作家としても有名な巌谷小波で、「お伽噺」を集大成した人物である。(「一寸法師」の作詞も小波)

「ふじの山」 作詞巌谷小波

1,あたまを雲の上に出し 四方の山を見おろして
 かみなりさまを下に聞く 富士は日本一の山

2,青空高くそびえたち からだに雪の着物着て
 霞のすそを遠くひく 富士は日本一の山

歌の内容とは離れるが、私が「巌谷小波」と聞くと胸がざわつくのは、小さなとき彼の有名な(いまは知られていない)童話絵本「黄金丸」を持っていたからだ。その本がどこの出版かいまはもうないから分からないが、戦後の本も少ない時に祖父が見つけてきたものではと思う。上野の宿屋の小さな(子供部屋というより父が書斎が欲しかったのだろう)二畳ほどの部屋に天井までの本棚があり、昔の本もタブロイドの漫画本も置いてあった。子供用の本は少なかったから私は「黄金丸」など敵討ちもので面白くないが、大事に読んでいた記憶が残っている。「黄金丸」の初出は1891(明治24年)で、私のもっていた本は別の子供絵本と思われる。

   *    *    *    *

ネット画像検索したら「講談社の絵本」「名作童話こがね丸」という事が分かった、表紙は右から左へ書かれていた。ああこの本だとは思ったけれどすごく懐かしい気もしなかった。SNSの害やスマホ中毒などともいわれるが、情報の量も質も格段の進歩と言わざるをえないと感嘆した。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ